紅茶はいかが?

のんき主婦生きてます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなBaby①

5月6日、息子Tに女の子が生まれました。

ほんとうの予定日は8月4日。
体重700gの超未熟児。
27周での早産でした。

お嫁ちゃんが5月6日早朝に倒れ、救急車で運ばれました。
妊娠高血圧症で、母子とも危険なので、帝王切開での出産。

Tからの連絡に、病院をネットで探し出し、なんとか電車を乗り継いで行きました。
妊婦ということで普通の病院は受け入れてくれず、何とか受け入れてくれたのが、K大付属病院。
Tの自宅からでも車で30分以上かかるようで。
でも、結果的に、未熟児の対応には一番良い病院だったようで、ほんとに幸いでした。

お嫁ちゃんは手術の後で、まだ眠っていて。
生まれた赤ちゃんには、息子とあちらのご両親と、5人で面会しました。

ガラスの箱の中。
ほんとうに小さな赤ちゃん。
でも、そっと頭に触ったら、温かく柔らかく・・・
細い手足をバタバタさせて。
あちらのお母さんと抱き合って泣きました。

先生の説明は、ありとあらゆる病気の名前の羅列です。
生きて生まれたことの喜びも、この先、どうなっていくのかと不安になることばかり。
仕方ないよね。
3ヶ月も早かったんだもの。
息子には、お嫁ちゃんには詳しいことはまだ言わないでおこうと。
心も体もちゃんとしてから。

病院のお嫁ちゃんに会ったのは、それから3日目。
思いのほか、元気で明るかったのでほっと。
高血圧症なんて、ほんとに急になったようで。
頭が痛かったらしいが、通ってる産婦人科に電話しても、さほど重要には思ってなかったらしい(憤慨)
なんせ、連休だったのも不運だったかな。
でも、早く病院行けばよかった・・・という彼女の言葉は、ほんとにかわいそうで・・・
「そんなことないよ。」
「仕方なかったことよ。」と、慰めるしかない・・・

息子もお嫁ちゃんも、小さな小さな赤ちゃんを、ほんとに愛おしそうに見てそっと撫でて。
もう立派なお父さんとお母さんになってました。

名前は、両親から一文字ずつ取って、○○(Rがつきます)と命名。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

チーズ

Author:チーズ
河村隆一、LUNASEA、Tourbillon好き
紅茶とスモークチーズがあればOK

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問回数表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。